特定調停のデメリットであるブラックリストとクレジットカードとローンの関係性

債務整理で代表的なものといえば、任意整理や自己破産です。この2つはいずれも、弁護士や司法書士に依頼して行うものです。費用は任意整理で20万円から25万円、自己破産で25万円から30万円が相場です。しかし、弁護士や司法書士に依頼せず、そのため費用があまりかからない方法もあります。それが特定調停です。

この特定調停は、自分で裁判所に申し立てをする方法で、債務整理の中でもユニークな存在です。調停委員会を通じて債権者と交渉を行い、返済額を決めます。双方が合意に達したところで、調書を作ってもらい、その後は調書に従って債務を返済して行きます。申し立ての方法がよくわからない時は、裁判所で教えてもらえますし、何よりも費用がかからないのがメリットです。多くても1万円を超えることはそうありません。

もちろん特定調停にもデメリットがあります。調停の間は何度か、裁判所に行かなければなりません。また弁護士や司法書士の受任通知がないため、調停期間中であっても、債権者から取り立ての電話が来ることがあります。 債務整理という言葉を聞いて、自分は借金もしていないし、関係ないと思う人も多いかもしれません。しかしあなたはクレジットカードで買い物をしていませんか。あるいはローンを組んでいないでしょうか。借金をしていなくても、クレジットカードやローンも一種の借金であり、それが払えなくなると、債務整理をしなければならなくなることもあるのです。それを避けるには、まず期日までに支払いを済ませ、延滞をしないように心がけましょう。

もしクレジットカードやローンが払えなくなった時は、まずカード会社や金融機関に相談してみましょう。返済方法を変えることで支払いができることもあります。しかしそれでもやはり返済できない、そのような場合には、弁護士または司法書士に頼んで、債務整理をするのがお勧めです。債務整理には任意整理、自己破産、特定調停などがありますので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

また債務整理を行うと、その後5年間はお金を借りたり、カードを作ったりができなくなります。さらに自己破産をした場合は、銀行でのローンや借金が10年間できなくなりますので気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です