もう無理だと思ったときににはすぐに弁護士に相談を

いつからだろう…簡単に返せると思ってた…馬鹿だった。アホだった。パチンコに使いたくて街金でお金を10万借りてからが地獄の始まりでした。2、3ヶ月したら枠が増え2年くらいしたら100万くらい借りれました。全てパチンコに注ぎ、負けた時を忘れドンドン借金が増えていきました。クレジットカード3枚のキャッシング枠合計100万も使い果たし、さらに街金も2社で250万という、とんでもない金額になっていました。そんな状況になりながらも、自分はまだ返せると思っていました。定期的に友人7?8人で食事に行き割り勘でお金を集め、自分のクレジットカードで払う。後日リボ払いに変更して、現金を集めていました。しかしそんな事が長く続く訳ありません。いつの間にか給料が支払いを超え、只々仕事しては借金の返済をしていました。えっ?給料は超えてないんじゃないの?と思うかもしれませんが楽勝で超えました。自分は現在35歳なのですが25歳の時に、でき婚をして家計は火の車でした。そんな状態にも関わらず、パチンコを辞めず、嫁の名前を借りて250万銀行から借りました。嫁は地方公務員なので信用は抜群でした。そもそも嫁には街金の利息が大変だから、借り換えたいとお願いして、許しを得て借りました。ですがそのお金を自分の借金返済に使用せずFXに使いました。知識のない自分が儲かるはずもなくほんの数カ月で資金はそこを尽き…人生詰んだと思いました。そこからは借金が払えくなり、毎日電話がなりノイローゼになりそうでした。もう…無理…その時はじめて自分の駄目さに気付きました。それから知人に司法書士の先生を紹介してもらいなんとか 生活できるレベルまでの支払いになり現在生きております。司法書士の先生に30万近いお金を払いましたが(分割)債務整理して本当に良かったなと思います。こんな俺でも嫁は俺を捨てず一緒に頑張ろうと言ってくれました。嫁と子供の為にも、これからの人生を2人の為に生きて行きたいと思います。

続きを読む