自殺をするぐらいなら債務整理という方法をとる事で解決が出来るかもしれない

借金といっても、借金を抱えている上で無担保無保証の完全に自分個人の借金、例えばサラ金やクレジットカードによる借金なのか、自分の借金の契約に保証人や自宅を担保にしたものなのかによって対応はずいぶんと変わってきます。

ここでは一般的な借金の入り口にあたクレジットカードやテレビのコマーシャルを見かけるサラ金会社について書いていきます。

借金の返済が苦しくなって、限度額いっぱいまで遣いきり、他社で借り入れを繰り返す。なんとかしなければとネットで記事を検索している、このレベルでさえ弁護士事務所に相談に行けば、収入から生活費を引いて、支払い額の方が多ければ割りと呆気なく自己破産を勧められます。自宅を所有していれば処分して支払いに充てなくてはなりませんが、そういう場合には債務の整理を勧められます。

無担保なので取られるものもなく、無保証であれば保証人に迷惑をかける心配もない。

失うものは信用と、債務の中に車のローンがあり、所有者の名義がローン会社の場合は引き上げられますが、実際にはそれぐらいです。

家財道具を売らせてまで、などということはありません。そして、一般社会に名前を知られているような会社の場合、担当者が自宅に取り立てに来ることもありませんし、破産手続きの開始を知らせれば電話がかかることもありません。。

失う信用といっても、数年の間ローンが組めなかったり、カードが作れなかったりする程度です。

借金で失敗しているのだからしばらく反省する期間だと思う程度です。

実際に私も自己破産をしています。しかし、同居している家族にも知られていません。

自分が漏らさなければ他人に知られることもないのです。

ギャンブルの借金では破産ができないとも言われていますが、生活費と言い切ってしまえば、個人の借金の使用先を探られることもありません。

借金を返済できずに、自己破産をして借金を無しにしてもらう。誉められた行為ではありませんが、ひとりで抱え込んで命を落とす選択をするより、破産手続きをして支払いを止めてしまった方がましです。

続きを読む