長年の借金生活を債務整理をする事によって解消する事に成功した事例

債務整理をする事でこんな悩みを抱えていただ方も社会復帰に成功されています。

20歳の時にクレジットカードを作ったことをきっかけに、借金生活になりました。何でも手元に現金がなくても手に入るのが嬉しくて、借金というよりは、自分のお金という感覚でカードを使っていました。限度額いっぱい使うと新しいカードを作り、だんだん自分の収入だけでは支払いが追い付かなくなり、ついには消費者金融にまで手を出し、最高で350万は借金があったと思います。本当に自転車操業でした。
債務整理をするとクレジットカードが使えなくるのがイヤで避けてきました。が、結婚することになり、いつか相手にばれてしまうのが嫌で、どうしようかと悩んでいたのですが
よく役所でやっている無料の多重債務相談にとりあえず行ってみることにしました。
予約をとった時に、役所の方にいろいろヒアリングをされ、そのヒアリング内容をもとに弁護士さんと別の日に面談しました。
弁護士さんに会うことになるなんて・・・自分の人生にこんな日がくるなんて想像もしていなかったです。

債務整理のサイトで勉強はしていたので知識はあったと思うのですがいざ先生と合うと
ちょっと怖そうな先生だなあ~とちょっと最初は緊張したのですが、時間が経つうちに慣れてました。
今までの借金の経歴を思い出せる範囲と、持っているカード、契約書などを渡し話しました。現在の収入や月いくらなら返済していけるか、などなど。
この段階で借金も半分の150万ほどに減っていたので、自己破産ではなく債務整理を勧められました。過払い金も戻ってくるかもしれないし、うまくいけば過払い金で今残っている債務を支払い出来ればいいねという状況。
長期で利用があった会社の過払い返還期限がギリギリかも、というところがあったため、このまますぐ契約して債務整理したらどうですか?と言われたのですが、先生の事務所が少し遠かったためどうしようかなあと考えたのですが、地元の事務所に出入りすると近所の人に見られりするかもと言われ、先生の人柄も良さそうで経験もありそうだったのとこの機会を逃したらまたズルズル借金生活が続くと思い、思い切って契約することにしました。
契約は先生の事務所に出向いてということで、後日事務所を訪問しました。事務所を訪問するまで1週間ほど空いたのですが、その間も先行して書類を作成していてくださったり
しました。着手金などは最初は分割払いでお願いしました。家族に内緒で債務整理をお願いしたので、この後のやりとりは全てメールでした。
契約後早速各会社に情報開示の請求をしてくださり、数日後事務所から連絡が入ったのは、先方が住所が該当しないと言ってきている、という連絡でした。この23年間で数回引っ越しをしていて、最初の家の住所を書類に書かなかったためでした。
その後はぱったりと連絡が来なくなり、なんだか不安になりました。他の債務整理経験者のブログなどをみていると当たり前のようでしたので、普通に生活していましたが
とにかく今までの月々の返済が全くなくなったのが本当に嬉しかったというか、これが普通の生活なんだよな・・・としみじみ思いました。
数か月後、先方との合意が出来たという内容のメールが来ました。いついつ、いくら支払います、という内容でした。
あとはひたすらこの連絡と、相手が合意しない時は裁判するかどうかの選択の連絡が来ました。裁判も2社ほどあったと思います。
過払い金の返済は事務所にされていて、数社分たまった段階で事務所に分割していた着手金を一括払いにしてもらいました。
さらにたまった段階で過払い金ではまかなえず残った債務も精算してもらいました。結局契約をしてから10ケ月ほどで全ての処理が終了しました。
過払い金も、弁護士報酬を引いても24万ほど戻って来ました。最後に事務所を訪問し書類をもらったり過払い金をもらったり。これで無事終了しました。
今までの人生の半分が借金生活でした。

続きを読む