免責が認められない借金はどんな借金?自己破産をする前に~

自己破産は借金を帳消しにすることができるのですが、免責を受けることができない場合もあります。それは免責不許可事由としてある程度は一覧化されています。借金をした理由がギャンブルや浪費である場合は金額が重くなければ免責されません。これは借金をした理由が不当であると考えられた場合で、他には返済不可能な状況なのに債権者から借金をしていた場合、申立人が財産の価値をわざと減少させたり、財産を破壊したりしていた場合、裁判所に嘘の陳述をしていた場合など、手続きの間に詐称をしていた場合でもあります。また、過去7年以内に免責を受けていたときにも受けることはできません。そして、この自己破産の手続きのための費用を借金で賄っていた場合にも免責不許可事由に当たってしまいます。以上に挙げたものはほんの一部ですが、このどれかをやっていた場合には自己破産できないこともあります。

この件については債務整理をしたい方向けに詳しく解説をしています。ただ、実際には個人で自己破産をする分にはこれらのうちどれかが該当していた場合にも自己破産をさせてもらえることもありますが、それを逆手に考え、多少は大丈夫だと思ってやってしまうと痛い目を見るかもしれません。できるだけ、該当することはしないようにしましょう。

続きを読む