自己破産をする際の連帯保証人への影響やデメリットを考えるべきという話

芸能人が借金トークをする際、ドラマなどで借金を背負ってしまった人物などに大体共通するものに借金の連帯保証人というものがあります。良く借主が失踪してしまって代わりに保証人が背負ってしまうものですが、現代ではこの保証人=連帯保証人と考えてもいい位にポピュラーになっています。もしも、借主が自己破産をした場合に、実はこの連帯保証人が支払いをしなくてはならないケースが存在します。それは債権者、もしくは会社が自己破産を「著しい状況の変化」と捉えて連帯保証人に対して一括回収の手続きを始めてしまった場合です。当然、契約上は連帯保証人に支払わなければならない義務の生じてしまうのです。しかも、それはあくまで債権者の捉え方次第ですので、いくらでも可能性があります。そのような事態に陥らないためにも連帯保証人が要る場合はよく話し合ったり、弁護士に相談しているのであれば連帯保証人に支払い義務が生じないように取り計らってもらうようにしましょう。

詳しくは当サイト債務整理をしたい|借金を解決して新しい生活を過ごすライフをご覧ください。

続きを読む