すぐに法律事務所に相談を!債務整理をする事で人生を変える事ができる

借金を抱えてしまい、どうにも首が回らなくなった時の最終手段として、自己破産があります。自己破産は、弁護士や司法書士による手続きにより、裁判所を通して抱えている負債を一部を除き、すべて免責することができます。免責とならないものは、滞納している税金などの納付義務がある金額が対象です。

自己破産をする事のメリットとデメリットについて

メリットとしては、多額の借金によって生活が回らないなどの困窮状況から脱出できることが、まず第一に挙げられます。金融機関からの度重なる督促も、手続き開始から一切なくなるので、こうした状況から解放されるというのが大きいでしょう。しかし、反面では失うものなどのデメリットもあることを忘れてはなりません。まず、20万円以上の資産価値を持つ財産はすべて没収され、処分されます。生活に必要だとしても資産的な価値がある以上は処分の対象となってしまうのです。また、支払い能力と鑑みて、客観的に見て完済が困難であると判断できる状況であることが条件になっています。加えて、自己破産した後の5~10年間は新たな借金やローンの組み入れ、カードの作成ができなくなり、士業や警備員などの一部の仕事に就くことができないほか、政府発行の官報という機関誌に氏名が公表されてしまうなどのデメリットを受け入れなければなりません。自己破産の免責を受けるためには、ギャンブルによる浪費での借金は、免責理由として不適格とみなされているので、注意が必要です。自己破産は、失うものも大きいので、借金による生活基盤を立て直すための最終手段として心得ておきましょう。債務整理の方法としては、他にも個人再生や任意整理などの方法もあるので、自分の経済状況と、借金のバランスを考慮したうえで、弁護士や司法書士に相談して決めるのが良いです。自身の一生を左右する決断にもなるので、安易に自己破産をすればいいと考えずに、普段からのワークライフバランスを考慮していくのが重要になります。

実際に借金に追われていて、もうどうする事も出来ない方は弁護士や司法書士にすぐに相談をするべきですが、なかなか良い専門家を見つけるのも難しいでしょう。

そんな時には、弁護士や司法書士の口コミと評判をまとめているこちらのサイトが便利です。口コミだけではなく債務整理を行う上でのデメリットとなる部分やメリットについても総合的に解説してくれいますので参考にすると良いでしょう。

参考URL 法律事務所の口コミと評判ー債務整理デメリット.jp-

 

債務整理実際にどのように債務整理をするのか

それでは実際に債務整理はどのような流れで行うのでしょうか見ていきましょう。これは実際に債務整理を体験された小林さんのお話です。

サラリーマンはどうしても仕事が終わると飲みに行く人が多いですが、

自分の場合、飲みではなく仕事が終わってからギャンブルに毎日のように行くようになりました。

仕事が終わってからストレスがやっぱりたまるので初めてパチンコに行った時に大当たりしてしまい、

それがきっかけでどっぷりとギャンブルに浸かるようになりました。

ギャンブルがそれまでは嫌いな方だったのですが、1日で10万程勝ってしまうと、もうぬけれません。

それからというもの、毎日2万ぐらいを注ぎこんで、勝ったり負けたりを繰り返し、

給料で足りない時は消費者金融で借りる週間になっていました。

攻略本なども買いあさり、だけど分かってたんです、ギャンブルで生活が潤わないことを。

しかし依存を辞めるには、なかなかきっかけがないと無理で、自分にとって「借金」が辞めるきっかけを作ってくれました。

借金は500万程になっており、まったく給料では返済できず首が回らない状態までなった時に、

テレビCMで債務整理のCMがやっていて「これだ!」と思い、インターネットの法律事務所の評判を見て良さそうな司法書士の先生を探しで相談してみました。

一度事務所で話をしましょうとのことで、土曜日の仕事休みにその事務所に行き先生に話を聞いてもらいました。

正直に消費者金融のカードが7枚で借金は500万ぐらいですと話したら、借金の理由を聞かれ、

月々いくらだったら返済できるなどもこと細かく聞かれました。

最初は先生の表情も優しく「良かった」と安心していたら、理由がギャンブルだけに少しづつ先生のテンションが変わっていき、

「ギャンブルは辞められますか?」と聞かれた際に、「正直辞めれるか不安です」と返答したら、

先生にこっ酷く怒られ、まずは生活週間を変えないと一生借金に追われますよ!と言われました。

債務整理は先生が優秀なのかは分からないですが、かなり整理でき320万を毎月分割することになり、

毎月5万づつの返済で合意することで決定しました。

借金に追われる毎日ではなくなったのですが、やはりパチンコの依存は怖いですね、

どうしても仕事が終わるとお店に足が向かってしまい、今は自分とかなり闘ってます。